援交女とLINEをで女子の性欲について語り合いました

LINE

男がどうしてもやりたくなったら、最終的には風俗という手段があります。

でも、女子がとにかくやりたいというときは、どうしたらいいんでしょう。

私は最近、その受け皿となっているのが、出会い系なのではないか、と思うようになってきました。

ハッピーメールで知り合ったその人妻さんは37才。普段は援交で男性と会っているようです。

さっそくLINEを使って交流が始まりました。

彼女はとっても正直で率直な意見を述べる方で、有益な情報をたくさん聞きだすことができました。


援交

「女だって、相手なんか誰でもいいからただ無性にエッチなことしたいってときあるよ。でも、その『誰でもいい』がきっと男と違うの。女はね、『二度と会わない男なら誰でもいい』なの」

うーん。

なるほど。

女性の場合は、社会的にまったくつながりがない相手のほうが、よりスケベになれるってことなんですかね。男はどちらかというと、「お隣の上品な人妻」なんかに欲情するもんですがね。女子のエッチって旅の恥はかきすて的気分でやるほうが興奮できるのでしょうか。

「うん。どんなにはしたないことしても、どうせ知らない人だから絶対にばれないって安心感があるのかな。相手が知り合いだとどうしても、どっかでセーブしちゃうから」

だったら奥さん、一回こっきりの約束で私とうーんとスケベなエッチしてみませんか?

彼女は返事の代わりに、びっしょり濡れたマンコの写メを送ってきてくれました。


風俗

そうして実際に会うことになったその人妻さんは、色白でむっちゃくちゃ性欲が強そうな女子でした。

「私ね、出会い系を利用するようになってから、すっごく体重が落ちて肌も綺麗になったの。こうやって知らない人と浮気するでしょ? そうすると今度は旦那に悪い気がして、その日の夜はいっぱいサービスしちゃうの」

お蔭で出会い系を始めてからのほうが、夫婦仲がよくなったんですって。やっぱり女子もどこかで性欲を解消させていないとダメなんですね。

彼女とのエッチは、ある種のバトルでした。

マンコの絞まりがいいうえ、彼女の腰使いが抜群にエロいんです。

それはまるでチンコにあたたかいウナギに巻きついてくるような感触でした。

「ああ、ダメだ!いきそうだ!」

そう身体をのけ反らした私のほうでした。

「まだよ! いかないで! もう少しがんばって!」

「あ、ああ!」

「………」

あまりに彼女のマンコが気持ちよすぎて、私は先走ってしまいました。

それに味をしめて、そのあともう一度誘ってみたんですが、彼女から返事はありませんでした。

わかってます。

私は早過ぎました。まあ、援交でなくタダマンできたので良かったのですが(笑)


最近の管理人の体験記

Copyright © 割り切りセックス掲示板 All Rights Reserved.