自宅に泊めてくれた柏の逆神待ちなデート

泊める

柏のお客さん先でパソコンの入替・設置等を行っていた日の事でした。

トラブル発生により、時間がだいぶ遅くなってしまったことで終電を逃しました。

漫画喫茶に泊まるのもだるいし、ホテルに泊まる程の金額を会社も確保していないので、「さて困った」ということになり、ハッピーメールにアクセスしました。

「泊めてくれる人」の募集を掲示板に書き込んだところ、奇跡的にヒットしました。


神待ち

一人暮らしでさみしくしていたそうで、掲示板に載せていた僕の写メを気に入ってくれたそうです。

待ち合わせ場所に来てくれた彼女は非常に綺麗なタイプの女性で、是非ともセフレの一人になって欲しい!と思いました。

若干年齢高めの32歳でしたが、全く問題を感じさせないポテンシャルです。

途中コンビニで夜食と酒を買い、早速彼女の家にお邪魔することになりました。


出会いサイト

家に着くなり服を脱ぎ始め、ラフな感じになっています。

「こりゃやる気満々だな♪」と思いながら、泊めてもらえる+エッチができるという最高の待遇に嬉しくなってしまい、

ご奉仕精神マックスでたくさん可愛がってあげました。

翌朝、また何かあった時は第二の帰る場所として確保しておきたいので、連絡先を交換し、バイバイしました。


最近の管理人の体験記

Copyright © 割り切りセックス掲示板 All Rights Reserved.